第13回/株式会社フィックスホーム 代表取締役・厨子 浩二さん(滋賀県栗東市)

株式会社フィックスホーム/〒520-3026 滋賀県栗東市下鈎1191番地1

どんなお仕事しているの?

滋賀県の栗東市で、家を建てる仕事をしています。

ほとんどの子育て世代の人にとって、家というのは一生に一回しかできない経験です。
限られた予算の中で、如何にして家族の理想や夢、希望を叶える事が出来るのか?を将来を見据えた上で
自分の子育ての経験も踏まえて、楽しくお手伝いをしています。

家だけじゃなく、そのご家族の将来の人生設計を一緒になって描いてあげることが私の使命です。

なぜ、今のお仕事をはじめたの?

最初のきっかけは、
親の紹介で地元の分譲会社に入ったことでした。

特に建築の知識があったわけでもなく、
わけもわからずに毎日怒られていました(笑)。

今想えば、私は中学生までは、小さな社宅で暮らしていて、自分の部屋もなく、本当に狭くて、決して綺麗とは言えない社宅でした。

ある意味、家というものに憧れていました。
分譲会社で現場監督の経験を積んでいくうちに、一つとして同じ間取りではない家づくりの現場の楽しさにのめり込んでいきました。

そしてその後に地元の「数寄屋づくり」を専門にしている工務店に移り、
さらにいろんなお客様、職人さんとの出会いがあり、
まさに天職だと感じました。

photo

仕事をするうえでの哲学(信念・ポリシー)を教えてください。

photo

家を建てるときに、予算に限りのない人なんていません。
誰でも自分たち家族の理想や夢を叶えたいと思われています。

りんちゃん

家を建てて絶対に後悔しないよう、
希望や要望はすべて聞きだしてあげて、
出来る限り、すべての要望を予算内で叶えることを
真剣に考えてプランの提案をしています。

そこに住まれるご家族の今現在のライフスタイルと新居に住んだ後の理想のライフスタイルとを考え、本当にその家が子供たちにとって故郷となる家、そして子供が巣立った後もずっと終の棲家として住み続けて頂ける家、そんな家づくりを心がけています。      

りんちゃん

「叶わない夢はない!」
私の大好きな言葉です。

仕事をしていて、楽しいときやうれしいとき、大変なときはどんなときですか?

りんちゃん

私はもともと現場上がりなので、現場はもちろん大好きですが、
やっぱり一番大好きなのは、お客様の夢を叶えるプランづくりと
そしてそのお家がつくられていくところを見て、そのお客様が感動されるときですね。

photo

打ち合わせでいろんな話をしているときや、話の中でいいアイディアが浮かんできたときなど、本当に家づくりの打ち合わせって楽しいですよ。

お客様と一緒になって、家づくりの過程全体を自分でも楽しんでいます。

何と言っても、引き渡した後にそのお家で子供たちが嬉しそうに仲良く遊んでいるところを見ると、「あー、つくって良かったなぁ」って実感します。

大変なことというか、これも一つの楽しみかもしれませんが、よくご夫婦で家に関する要望が違った時に、どちらも納得される提案をすることですかね?

たとえば、ご主人が書斎が欲しいと言っても、奥さんが、そんなのいらないし、収納にして・・・。
なんてことはよくある話です(笑)

ご夫婦でそれぞれが真剣に家づくりを考えていらっしゃるからこそ起こることなので、
お互いに今まで知らなかった夫婦間のことなんかも
飛び出すので、本当に面白いですね。

子どもたちには、どんな「はたらくおとな」になってほしいですか?

私にも子供が3人いますが、それぞれ進む道は違うと思います。
どんな仕事についたとしても、その仕事にプライドを持って働いてほしいと思います。

りんちゃん

役に立たない仕事なんて世の中にはありません。
出来るだけ多くの周りの人に笑顔が与えられるような、
そんな大人になってほしいと思います。

photo
株式会社フィックスホーム ホームページはこちら(http://www.fixhome.jp/)

イベントカレンダー

長野事務局全部
2018年 5月
      12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
他の月・情報を詳しく見る