第9回/センターホーム 株式会社菅谷工務店 菅谷 伊佐央さん(千葉県香取市)

センターホーム 株式会社菅谷工務店/〒289-0411 千葉県香取市府馬1869

どんなお仕事しているの?

千葉県香取市を中心として、家づくりのお仕事をしています。何のために家づくりをするのか?といつもお施主様には最初に質問しています。

家づくりは幸せに暮らす一つの手段であり、それが目的になってはいけません。
家族が仲良く、幸せに暮らせるよう、無理のない資金計画で家を建てることが家づくりで一番大切な事であると、地元のみなさまにお伝えしております。

photo

なぜ、今のお仕事をはじめたの?

photo

小さい頃から大工である父の背中をみて育ちました。
家の工場で材木にカンナを掛けている姿や、機械で材木を加工している姿を良く見ていました。

また、上棟式のときは屋根の上に上りお餅をまき、お客様には「腕がいい!とっても良い家を建ててくれた」と、とっても感謝されている姿をみて育ちました。

そんな父の姿を目にしていたので
「大工ってかっこいいなぁ。俺も大工になる!!」
と子供心に決めておりました。

その小さな頃の夢をもちつづけ、小学校、中学校、高校生になったとき、
「ただの大工ではこれからの時代についていけない。しっかりとした建築の知識をつけなければ・・・。」
という思いがあり、私は、大学に行って建築を勉強し、建築士の資格をとり、現在の仕事をしています。

仕事をするうえでの哲学(信念・ポリシー)を教えてください。

りんちゃん

「家づくりで失敗する人、後悔する人をつくらないこと」といつも自分に言い聞かせ、仕事をしています。

地元のお客様に喜んでもらえる家を提供し、その家を一生かけてお守りしていくのが、地元工務店の役目です。

一生のお付き合いを考えたとき、予算を無視して無理なローンを組むような家を提案することはできません。また、お客様が納得のいかないような家を建てる事はできません。

お客様に建ててよかった!!と喜んでもらえる家づくりをすることが私の役目です。

photo

仕事をしていて、楽しいときやうれしいとき、大変なときはどんなときですか?

お客様のプランを作っているときは楽しいですね。
「こんな家だったら絶対喜んでくれる!!」と一人でニヤニヤしながら考えてます(笑)

photo
りんちゃん

嬉しいときは、「菅谷さんに頼んで本当によかった!!」とお客様に喜んでもらえたときが一番うれしいですね。

お引渡ししたあとも、行くたびに言ってくれるお客様もいらっしゃり、本当に嬉しいです。

お客様の一生の買い物を預かっている事はとても大変なことだといつも感じております。
だからこそ、絶対に妥協はできませんし、いつも「どうやったら一番お役にたてるのか?」を考えながら仕事をしています。

子どもたちには、どんな「はたらくおとな」になってほしいですか?

働くことはとても充実感のある、楽しいことです。

りんちゃん

人の役に立って、目の前の人を喜ばせ、
笑顔にさせるような仕事をする大人になってほしいと願っています。

photo
センターホーム 株式会社菅谷工務店 ホームページは
こちら(http://www.k2-homes.com/hp/centerhome/)

イベントカレンダー

長野事務局全部
2018年 5月
      12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
他の月・情報を詳しく見る