第13回/いつ褒めたら、効果的か?子どものやる気を10倍にする褒め方とは?

Photo

こんにちは。
ふれなび代表のHIROSHI AMIKURAです。

「褒めて子どもを育てる」
重要ですよね。今日は、子どもを褒める時、どの段階で褒めるのが一番効果的なのか?をお伝えしたいと思います。

新入社員さんと同様に、子どもは大人になる成長の過程でいろいろなことを学び、学習していきます。人は何かを身につける、学習する時に、4段階を踏んで学習していくと言われています。

例えば、子どもが、
自転車に乗れるようになる過程を見てみましょう。

  • 【第一段階】無意識でできない状態

2、3歳ころまでは、子どもは補助あり自転車に満足し、補助なし自転車には乗りたいとは思いません。
ですから、この段階では補助なし自転車へは、無意識で乗る事ができません。

  • 【第二段階】意識して出来ない状態
Photo

しばらくすると、兄弟や友人が補助なし自転車に乗っている事に気が付き、
自分で乗りたいと思うようになったり、親の勧めで、補助なし自転車に乗る事を練習しはじめます。

しかし、乗り方を習い、意識してチャレンジするのですが、最初はなかなか乗りこなすことが出来ません。
チャレンジするけどできない。これが、第二段階です。

この段階は苦しいし、辛いし、イライラするし、
子どもにとってはストレスです。
しかし、お母さん、お父さんの愛のある応援で「できてるよ!」、「もう少し!」、「○○ちゃんなら、できる!」という言葉を栄養に、ガンガン練習する事を繰り返します。(応援が必要です)

  • 【第三段階】意識して出来る状態

第二段階で練習を続けていると、次第に乗れる事ができる回数が多くなってきます。
練習すればするほど上手くなる事が実感でき、最終的には、
きちんとお母さんお父さんに教えてもらったことを意識してTRYすれば、自転車に乗れるようになります。

この段階になると、子どもは乗れるようになった嬉しさから、笑顔でなんどもなんども、更に練習するようになります。
(応援は要りません)

  • 【第四段階】無意識でできる状態

そして更に練習をすることで、ゆくゆくは無意識(特に意識して、注意して自転車を運転することなく)で、
自転車を乗りこなす事が出来るようになります。

無意識でできる状態、この段階になると学習が完成し、「習慣」として子どものスキルの一部になるのです。

さて、あなたは子どものやる気を伸ばすには、第一~第四のどの段階で、褒めるのが効果的と思いますか?

<超重要>
答えは、第二段階で褒める、応援することが重要で、
この段階で褒めることで、子どもはたくさんのことができるようになるのです。

次回もう少し詳しく、説明します。

お母さん、お父さん、日々実践。私も、がんばります。

イベントカレンダー

長野事務局全部
2018年 5月
      12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
他の月・情報を詳しく見る