第11回/漫画と小学生の非常識な関係

Photo

こんにちは。ふれなび代表のHIROSHI AMIKURAです。

「何でも、親の悪いところばかり真似をする」このようなご意見を、お母さんお父さんからよく聞きます。

良いところは全然似てくれないのに、
「お父さんのだらしないところ」など、似て欲しくないところばかり似てしまうというのです。
かなり、耳の痛い話です。(泣)

さて、それはさておき、子どもは、モデリング<人および動物が他者の行動(モデル)を観察することによって、
その行動の全体、あるいは部分と類似した行動を繰り返すことをさす 辞書より>の天才です。

悪い事を、真似をされないことに、ビクビクしてしまったり、真似させないことに注意を向けるより、
子どもが真似する天才である特性を、上手く使う方法を、一緒に考えましょう。

実は、子どもはモデリングの天才なので、この特性を使わない手はないのです。

つまり、
真似して欲しい、人物の情報を子どもに伝えることで、子どものモデリング力を最大限有効活用し、
望ましいと思われる状況に、自然と導くことができるのです。

これが私が考えている仮説であり、日々実践している事です。

Photo

たとえば、1970年代に生まれた世代が、(川口能活さん、小野伸二さん、中田英寿さんなど)、日本のサッカーのレベルを大きく引き上げたのは、あまりにも有名な事実です。

そして、そんな彼らがモデリングしたのは、「キャプテン翼」というサッカー漫画なのです。

主人公キャプテン翼にあこがれて、彼が漫画の中で行うさまざまな技を真似したり、ボールが顔にぶつかっても「ボールは友達・・・」と、再TRYするなど、サッカーを通じ、生きて行くのに必要な友情や一生懸命することを学んだ子どもは本当に、多かったのです。

この情報化社会の中では、お母さんお父さんが戦略的にモデリングさせたい人物像があれば、まずはその人物像を明確することが重要です。

※漫画だけではなく、小説や、本や、映画や、スポーツ選手や、芸術家や、音楽家や、政治家や、インターネット上の中から、選択する。
その上で、それらの情報を意識的に多く子どもに浴びさせることで、子どものモデリングははじまるのです。

もちろん、お母さんお父さん(特に、お父さん)が子どもの見本になってあげられれば本当は良いのですが、
私たちお母さん、お父さんだって、不得意分野もあるのです

不得意分野では、お母さんお父さんは勝負せず、
モデリングで子どもの特性を有効活用し、そしてお母さんお父さんが得意な分野で勝負する

そんなやり方も、楽しいかもしれません。子どもはモデリングの天才。
覚えておいて損はない情報です。

お母さん、お父さん、日々実践。私も、がんばります。

イベントカレンダー

長野事務局全部
2018年 5月
      12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
他の月・情報を詳しく見る