第7回 「カンニングしよう」 お母さん、お父さん、子どもの地図をカンニングしよう。

こんにちは。ふれなび代表のHIROSHI AMIKURAです。

「楽しく、愉快な毎日を過ごしたい。」
多くのお母さん、お父さんは、このように考えていますよね。
そんなお母さん、お父さんに、今日は、「心をカンニングする」という、裏技をご紹介します。

Photo

私は、本業で、出版社の代表をしていまして、
世界中から、人間関係をより良いものにしていくコミュニケーションスキルを集め、経営者の方に、ご紹介することを、仕事にしています。

そして、「これらのコミュニケーションスキル」が、お母さん、お父さんに、とても、お役に立てると、思うのです。多くのお母さん、お父さんは、コミュニケーションで、最も重要なことは、「子どもに、何を伝えるべきか?」だと、誤解されています。

しかし、本当に重要なことは、実は、違うのです。
「何を伝えるべきか?」ではなく、その内容が、子どもに、「どのように伝わったのか?」なのです。

誤解を恐れず言えば、お母さんお父さんが言いたい事が、
結果的に、子どもに伝わっていれば、お母さんお父さんが、無言であっても、
何を伝えるべきかに力をかけすぎなくてもOKなのです。

Photo

現在多くの、お母さんお父さんが、子どもとのコミュニケーションで、なかなか上手く、子どもに伝わらないと、悩んでいると言われてます。
そして、その解決策として、お母さん同志、お母さんお父さんで、話あい、「なんて言ったら、わかるのかな」と、試行錯誤していらっしゃいます。

しかし、お母さんお父さんは、子どもに戻ることはできませんので、どうしても本当の子どもの気持ちは、分からないのです。

コミュニケーションで重要なのは、「何を言うべきか?」ではなく、「どのように伝わったか?」なので、
私は、「子どもに、自分の気持ちが伝わらないな・・・」と言う時は、子ども本人に、「どのように感じているの?」と、聞いてしまうことに、しています。

子どもに聞いてもOKですし、近所の子どもたち、子どものいとこたち、子どもの友人たちに、

  • 「お母さんに、○○と言われたら、どのように感じるの?教えてくれる?」
  • 「○○の時、どんな感じがするのかな?」
  • 「どのように言われたら、やる気になるかな?」

など、具体的に聞いてしまっても、OKだと思います。

お母さんお父さんは、真面目な方が多く、私がこのように、
「子どもの気持ちをカンニングしましょう」と、ご提案しても、なかなか、カンニングしていただけません。(泣)

でも、お母さんお父さんの価値観だけで、
「あれこれ」「いろいろ」子どもの気持ちを想像して、何を言うべきかを考えることに付け加えて、
「子どもに、直接聞いてしまう」というやり方も、時には思い出していただき、
考えて実践してみていただけたら、子ども喜ぶと思います。

ぜひ、お勧めいたします。
お母さん、お父さん、日々実践。私も、がんばります。

イベントカレンダー

長野事務局全部
2018年 5月
      12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
他の月・情報を詳しく見る