第6回 お母さんとお父さんの意見が合わないでもOK

photo

こんにちは。ふれなび代表のHIROSHI AMIKURAです。

あなたの家族では、お母さんとお父さんの中に、役割というのは、あるでしょうか?

役割と言うのは、お母さんが「怒る役」、お父さんが「ちやほやする役」だったり、反対に、お母さんが「褒める役」、お父さんが「厳しくしつける役」だったりと、家族によって違うと思います。

たとえば、私の家族の中での役割は、どちらかと言うと、「ちやほやする役」だったり、「褒める役」だったり、するのですが、(その役しかできないということが、大きい・・・)
私の代わりに「厳しい事を言ってくれる役」のお母さんの意見は、原則的には、絶対に正しいと、まずは、思うようにしています。

なぜなら、私は、なかなか「厳しい役」が、演じられないからです。かと言って、子どもに対する、厳しさと言う名の愛情が必要ないか?と言えば、明確に、必要と考えているからです。

※ちなみに、私は、社員教育のプロなのですが、
社員は、厳しさと言う名の愛情が必要と考え、自ら実践しています。

子どもは、褒めて育てるべきか?叱って育てるべきか?という議論も、ありますが、
これは、褒めても、叱っても、どちらにも愛情があれば、OKなように、
厳しく子どもに接するお父さんも、いつも優しいお母さんも、
両方のキャラクターとも子どもによっては、必要になるのです。

photo

実は、私の本業の中に、「経営者の考えている事を、社員の方にお伝えする」という仕事が、あります。

その中で、気がつくのは、社長さんが、厳しい会社は、大番頭さんは優しい、逆に、社長が優しい会社は、大番頭さんは厳しいという、
別々のキャラクターのコンビの経営が上手くいっているという、ケースが多いのです。

社長は、大番頭のことを、尊重し、大番頭も社長の言うことに、YESマンにばかりならず、自分の意見を主張する。

お互い意見が違うが、尊重し合える関係。

私と同じように、子どもになかなか厳しく言えないお父さんも、いると思います。
そんなお父さんに限って、お母さんが厳しく、子どもに接すると、ヒヤヒヤするかもしれません。

そして、思わず「もっと優しくしろよ」と、自分の考えを押し付けてしまうかも、しれません。

そんな時は、別々のキャラクターを演じるからこそ、上手くいくケースも、思い出して下さい。
そして、お母さんの主張の状況の時は、
「そりゃ、お母さんの言うとおりだろ」と言う言葉を、言ってみると、良いと思います。

お母さんの厳しさも認めたうえで、私たちお父さんの意見も、応援してもらう。
世の中に出れば、多様な人がいます。

その意味では、お母さん、お父さんの意見が合わなくても、
お互い尊重し合えれば、子どもにとっては、社会に出る前の良いトレーニングの場になるのかもしれません。

お母さん、お父さん、日々実践。私もがんばります。

イベントカレンダー

長野事務局全部
2018年 5月
      12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
他の月・情報を詳しく見る