第5回 頭の良いお父さん、おバカなお父さん。頭の良いお母さん、おバカなお母さん。

こんにちは。ふれなび代表のHIROSHI AMIKURAです。

実は、私の本業の中に、「経営者の考えている事を、社員の方にお伝えする」という仕事が、あります。
その仕事をしていると、
「頭の良い経営者(上司)の方と、おバカな経営者(上司)の方の致命的な違い」
遭遇することが、あります。今日は、そのようなお話から入ります。

Photo

その、頭の良い経営者(上司)の方と、おバカな経営者(上司)の方の致命的な違いが、あらわれるのは、意外と思われるかもしれないですが、

実は、「会社の状況が良い時」つまり、商売がうまくいっている時とか、上司が昇進した時とか、とにかく、「良い状態」のとき、にあらわれるのです。

頭の良い経営者(上司)は、そのような時に、その手柄を、社員さんや部下の方のおかげだと、言います。

社員さんや部下も、
「本当は、お世辞で言ってくれているとか」、
「そこまで、感謝されなくても・・・」とか、
少し照れて、ムズかゆい思いがしているのは、わかっているのです。

でも、「かなり、嬉しい」のです。
嬉しくて、ますますその経営者や上司のために、がんばろうと、思うのです。

それが、良い循環になり、益々良いことが起こります。

しかし、おバカな経営者(上司)は、手柄を独り占めにします。
「俺がすごいからだ」と言い放ち。中には、このようなせっかくの良い機会に、
「俺に比べ、社員(部下)は、全くダメだ」などと、おバカなことを、言ってしまう傾向があるのです。

お分かりのように、このような経営者(上司)は、継続して、成功し続けることは、できません。
なぜなら、上司が成功すればするほど、自慢を聞かされるし、
お前はダメだと、言われるのですから、メンバーは無意識に「もう協力したくない」と思う
からです。

Photo

同じような事が、家族にも、言えます。

頭の良い、お父さん、お母さんは、何か良いことがあった時に、お父さんなら、お母さんのおかげ、子どものおかげと、感謝するのです。

それに対し、おバカなお父さん、お母さんは、何か誇らしげなことが起きた時に、
お父さんなら、「俺がこんなに頑張っているのに、お前は!」とお母さん、子どもを敵に回すようなことを、言ってしまう
のです。

家族の場合で言えば、企業とは違い、
家族の状況が、ジェットコースターのように、乱高下することは、ないでしょうから、
普段、普通に健康で、何事もなく生活している事自体が、実は幸せなことです。

お父さんは、お父さんの最大のサポーターであるお母さんや子どもに感謝し、
お母さんは、お母さんの最大のサポーターである、お父さんや子どもに感謝するのが、
おバカにならない秘訣
なのです。

お母さん、お父さん、日々実践。 私もがんばります。

イベントカレンダー

長野事務局全部
2018年 5月
      12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
他の月・情報を詳しく見る