第3回お父さん必見 一石二鳥の「お父さんが子どもを褒めるスキル」

こんにちは。ふれなび代表のHIROSHI AMIKURAです。

人をやる気にさせ、その人がチャレンジと成功体験を積みかさねていく、
お手伝いをする手段に、「人を褒める」というスキル
があります。

人は、誰かに褒められると、とてもうれしいものですし、褒められた本人は、
やる気がでてきて、モチベーションが、あがります。
「褒める」ことは、確かに、とても重要な事なのです。

この「褒める」と言うスキルは、子どもとのコミュニケーションに配慮し、気をつけながら生活をしている、
お母さん、お父さんにとっては、「非常に重要である」事は、
誰でも一度は、聞いたことがあること
だと思います。

しかし、実際に、知っているのとやれるのは別の話。
実際にこのスキルを使いこなしている、お母さん、お父さんがいるのか?というと、
私自身も耳の痛くなる話で、少ないのかもしれません。

Photo

私の本業の一つは、実は、社員教育なのですが、
いわゆる業績が良い会社の経営者や、大企業の上司の方でさえも、「社員の方を褒める」、「部下の方を褒める」と言うスキルを上手く使いこなせず、大変な苦労をされている方が、多いようです。

ですから、これが、毎日顔を合わせ、また、ビジネスライクでは行かない、
いろいろな感情が入り混じる家族関係の中では、「褒める」ということを、実践することは、なおさらチャレンジなこと
かもしれません。

そこで、今日は特にお父さんが、簡単に「褒める」を実践し、そして、同時にお母さん、お父さんのカブが上がり、子どもがやる気になるスキルを、ご紹介します。
ぜひ、普段の生活で、実践してみてください。

通常、お父さんが「褒める」というと、お父さんが、子どもを褒めることを連想します。
しかし、お父さんは、普段家にはいないですし、
日々子どもとの接点がなくなる傾向にありますから、子どもの事が良く分からないかもしれません

そのような状態で、褒めても、ポイントが外れるだけです。
子どもは、直感力が鋭いですから、適当に褒めても、見破られるだけ
なのです。

お父さんは、お母さんの力を借りるのです。
お母さんに、子どもの最近の良いところ、褒められそうな所を聞き出し、
そして、お父さんは子どもに、「お母さんが、○○○で褒めていたぞ。お父さんも嬉しかった」と
伝聞調で伝えるようにするのです。(年齢があがるごとに演技力が必要)

  1. お母さんとお父さんの会話が生まれ、
  2. お母さんが、ついつい褒め忘れたことを、お父さんがフォローしてくれ、
  3. 子どももお父さんから、伝聞調で褒められている事をしれば、なお嬉しくやる気になる。全循環になる。

というのが、私の仮説で実践しています。

さて、この文章を読んでくださっているのは、お母さんが多いかと思います。
ぜひ、この文章を、お父さんに転送して、見せてあげて、お父さんに手柄を与えてあげてください。
普段、仕事で忙しいお父さんも、お母さんのためになり、
子どものためになるなら、ひと肌脱がれるかもしれません。

お母さん、お父さん、日々実践。私もがんばります。

イベントカレンダー

長野事務局全部
2018年 5月
      12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
他の月・情報を詳しく見る