「○○○はしてはいけない」=「○○○をして下さい」の法則

こんにちは。ふれなび代表HIROSHI AMIKURAです。
今日も、お母さんとお父さんのお役に立つような、「声かけフレーズ」を、ご紹介します。

photo

さて、あなたは、誰かに「何か、して欲しくない事がある時」は、ないでしょうか?

たとえば、お母さんなら、子どもに「アイスクリームを食べて欲しくない」とか、「おもちゃを買い与えたくない」などと、いうような時は、ないでしょうか?

このような「何か、して欲しくない事がある時」に、あなたは、どのような「声かけ」を、相手にするでしょうか?今日はそんなお話です。

ところで、多くのお母さんお父さんは、このような場合、大変損をしています。つまり、「言いたい事が、きちんと相手に伝わっていない」場合が、多いのです。

たとえば、このような時、ついつい
「アイスクリームは、食べちゃだめです」とか、
「おもちゃは、絶対に買いませんからね」など、
「○○しませんよ」という否定語を、使ってしまうことは、ないでしょうか?

実は、コミュニケーションの世界では、当たり前のように言われている事ですが、
脳は、「否定語」を理解することが、できません。
「○○してはいけません」といわれても、脳は、「否定語」を、理解することができないのですから、
相手とすると、「○○しなさい」と言われている事と、変わらないことになるのです。

たとえば、私が次のように言ったとしましょう。

photo

「いいですか お母さん!これは、絶対に、約束していただきたいのですが、今日は、絶対に、夜に、お茶は飲まないでください。約束して下さい。とにかく、今日の夜は絶対に、お茶を飲まないようにして下さい」

(注)これは、例です。もちろん、お母さん、飲んでもOKですよ。
と言ったとします。

お母さんの中には、今日の夜に、お茶を飲む事を、予定していた方は、少ないのではないでしょうか?

しかし、このように、「○○するな」と言われてしまうと、言われる前は、全く意識していなかった、お母さんでも、何人かのお母さんは、「そういえば、お茶を飲むなとか、言っていたな・・・。」と強烈に、お茶を意識するように、なる方もあらわれてしまうかもしれません。

お母さん、お父さんでさえ、意識してしまうのですから、
仮にあなたの子どもたちが、「アイスクリームをするな」とか、「そわそわするな」とか、
「ぐずぐずするな」とか、「メソメソするな」とか、言われた場合は、妙に意識したりすることで、
「するな!」と、言われたからこそ、してしまうようになる場合もあるのです。

※つまり、つまみ食いして欲しくない時に、「つまみ食いは絶対にするな」と言えば、
何も言わないより、効果がでてしまう
のです。

それでは、どのような声かけをしたら、言いたい事が伝わるのか?次回は、そのお話をしていきましょう。
お母さん、お父さん、日々実践。私もがんばります。

イベントカレンダー

長野事務局全部
2018年 5月
      12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
他の月・情報を詳しく見る